ナステントについてQ&A

睡眠時無呼吸症候群は枕選びが大切って本当なの?

睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」は上気道が塞がる
ことで起こりますがその原因の1つに寝るときの体勢があります。

 

 

仰向けになって寝ると舌のつけ根や口蓋垂(のどちんこ)などが
重力の影響で喉の奥に沈み込んでしまうといのが原因なんです。

 

 

そうなってしまうのもお酒の飲み過ぎ、タバコ、鼻炎など
普段の私生活が原因でなることも多いのも事実なんです。

 

 

その対策として医療機関に行くのも1つの手段だと思います。
ですがなるべくなら生活の中から治していきたいですよね。

 

 

睡眠時無呼吸症候群を解消する方法はいくつかあります。
その中でも睡眠時無呼吸症候群を治すためにまず見直すべき
とされているものは枕なのです。

 

 

枕はあまり気にせず購入されている方も多いのではないでしょうか。
でも実は使用している枕のせいで、眠時無呼吸症候群を誘発してい
ることもあるんですよ。

 

 

そこでどんな枕を選んだらいいのかご紹介していきます。

 

 

・反発性

 

 

睡眠時無呼吸症候群の方は仰向けで寝ると舌が喉の
奥へ落ち込み気道をふさぐ場合が多いとされています。

 

 

つまりずっと仰向きの態勢でいることが多いということです。
なるべく寝返りがうちやすそうな枕を選ぶとよいでしょう。

 

 

・高さ

 

もし枕が低すぎると頭が沈み込み気道をふさいでしまいます。
そして逆に高すぎるとあごが引けてしまい喉を圧迫してしまいます。

 

 

枕の高さは高すぎず低すぎずが大きなポイントになります。
横になったときに頭だけが沈み込むといけませんので身体と
頭が同じ高さになる枕を選びましょう。

 

 

・枕の素材

 

中の素材が柔らかすぎると頭が沈み込んでしまいますので
中の素材はなるべく頭が沈み込まない程度の硬さがあるものを選びましょう。

 

また中の素材の粒が小さすぎると頭が乗って
いない部分に素材が偏り頭が一定の高さに保たれません。

 

なので低・高反発枕を自分に合った方を選ぶのもオススメです。

 

 

なかなか枕を選ぶと言っても難しいですよね。
そんな方は最近では「無呼吸症候群」の方の
ために作られた枕が開発され販売もされています。

 

 

なんせ「無呼吸症候群」専用ですから悩んでいる
人はその枕を利用することを第一にオススメします。