ナステントについてQ&A

睡眠時無呼吸症候群てなんでなるの?

睡眠時無呼吸症候群とは眠っている間に呼吸が止まる病気のことで
医学的には10秒以上呼吸が止まった状態を「無呼吸」といいます。

 

 

無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上もしくは睡眠
1時間あたり平均5回以上起これば、睡眠時無呼吸症候群とされます。

 

 

さらに無呼吸になると体内の酸素が足りなくなる
ので体は酸素を補おうと必死で心拍数を上げます。

 

 

すると眠っている間に脳が何度も覚醒してしまい熟睡することが
できないので日中に強い眠気、集中力の低下、疲労感、頭痛、
イライラしやすいといった症状が現れます。

 

 

一番の問題はこの症状は自分では全くわからず人から言われない
と気づかないという自覚するには難しい病気だということです。

 

 

睡眠時無呼吸症候群には大きく分けると「閉塞型」「中枢型」
「混合型」があり患者さんの約9割を占めるのが閉塞型です。

 

 

ではなぜ無呼吸状態がおきるのでしょうか
この3つのそれぞれの原因と症状について紹介していきます。

 

 

・閉塞性睡眠時無呼吸症候群

 

 

閉塞性睡眠時無呼吸症候群が最も多いといわれ
寝ている間に気管を圧迫したり塞いでしまったり
して呼吸が止まってしまいます。

 

いびきといびきの間は呼吸が止まってお
りこの無呼吸状態が一晩に何十回以上もあります。

 

 

そして最も多い「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」ですが
睡眠時無呼吸症候群の人は肥満で喉や首の周りにも脂
肪がついていることが原因になります。

 

 

なので肥満が原因の人は減量や食生活を改善すること
で完治する可能性があり一番の対策法です。

 

 

さらに原因として首の長さやあごの大きさなど骨格の問題が
影響しているケースや扁桃腺が肥大していたり口蓋垂(のど
ちんこ)が長すぎて気管を塞いでしまうケースもあります。

 

 

その場合は外科手術で余分な部分を取り除くことが一番いい
治療法だと言われ今後の改善にも繋がり悩みは改善されます。

 

 

・中枢型睡眠時無呼吸症候群

 

 

中枢型の無呼吸は脳幹部にある呼吸中枢に何らかの異常
が起こり脳から「呼吸をする」という命令が伝えられな
いために起きる症状です。

 

 

・混合型睡眠時無呼吸症候群

 

 

混合型の無呼吸は閉塞型と中枢型の両方の原因により
起こるものでなる人は少ないです。

 

 

混合型の無呼吸は中枢型無呼吸が先に症状がみられ
その後閉塞型の無呼吸に移行するとされています。

 

 

睡眠時無呼吸症候群は軽視されやすい病気ですが
合併症も起こしやすく危険な病気だと自覚してください。

 

 

まず一番はいかに早く症状をみつけ治療するかです。
心配な方はご家族に協力してもらって症状を自覚しましょう。

 

 

対策として医療機関に行くという手段もありますが
実は枕を変えるという方法も最近ではわかってきています。

 

 

その枕も無呼吸症候群の方のためにつくられたもので
仰向けで寝ていても気道を確保してくれる作りになっています。

 

 

無呼吸症候群の治療の中には保険適応外のものもあるので
まずは自分でできることから始めていくのもいいと思います。