ナステントについてQ&A

睡眠時無呼吸症候群は放っておくと危険なの?

隣の人が寝ている間に大きないびきをかいていたら
もしかするとそれは睡眠時無呼吸症候群のサインかもしれません。

 

「睡眠時無呼吸症候群」は空気の通り道である上気道が狭くなり
睡眠中に10秒以上呼吸が止まる「無呼吸」が繰り返される病気です。

 

呼吸が止まることで脳や体に大きな負担がかかるだけでなく
治療をしないまま放っておくと合併症を起こすこともあります。

 

 

ではその合併症とはどんな病気があるのでしょうか?
無呼吸症候群を軽視している方はよく知っておいてください。

 

 

・高血圧

 

 

無呼吸症候群は呼吸の停止で体内の酸素濃度が低下しています。
そして低下し呼吸再開酸素量が回復という状態を繰り返しています。

 

 

交感神経も興奮したままになり睡眠中の血圧が上昇し質のいい
睡眠がとれず体が休まりません。そのため血圧は高いままになりす。

 

 

高血圧は気づくのが遅くなりがちですので悪化すると
心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気に繋がる恐れもあります。

 

 

合併症が合併症を引き起こしてしまい負の連鎖に繋がってしまいます。

 

 

・不整脈

 

 

無呼吸による低酸素状態や交感神経が
興奮状態になり心臓への負担が増加してしまいます。

 

 

さらに無呼吸の時間が長いほど心拍数は低下し
重症な人ほど不整脈の発生頻度が高くなります。

 

 

不整脈による合併症で心不全にも繋がるため
寝ている間に突然死する可能性も十分考えられます。

 

 

・心不全

 

 

上記でも合併症の症状としてあげましたが
直接無呼吸症候群に繋がることもあります。

 

 

閉塞型は交感神経の緊張が高まり血圧が上昇し心臓の収縮の
際に負担がかかりその積み重ねが心不全を引き起こすとされています。

 

 

・脳卒中

 

 

無呼吸による酸素不足が続くと脳の血流が
悪くなったり動脈硬化や血栓の原因にもなります。

 

 

脳卒中とは突発的に生じた脳血管障害の総称で
脳内出血・脳梗塞・くも膜下出血などが含まれます。

 

 

怖いことに無呼吸症候群の方が脳卒中を
起こす確率は健常者の約4倍ともいわれています。

 

 

・糖尿病

 

 

神経の興奮で睡眠がとれなくなるとインシュリン分泌が低下しそれにより
インシュリン量が少なくなると血液中のブドウ糖が異常増加し血糖値が上昇します。

 

 

その結果糖尿病になったり症状の悪化が引き起こされてしまうのです。
数々の合併症の中でも発生率の高い病気であるとされているようです。

 

 

・うつ病

 

 

呼吸が止まるたびに目が覚めてしまうため睡眠の質が低下してしまい
その結果日中の眠気・倦怠感・集中力の低下などうつ病に近い症状が発生します。

 

 

・認知症

 

 

カリフォルニア大学の研究で認知症の発症率が2倍になるという報告がされ呼吸が途切れ酸欠になったり脳や臓器に負担がかかることで発症するのではないかと言われています。

 

 

現段階で明確な因果関係は解明されていないみたいですが
脳への負担は明らかであるため無視できない結果だと思います。

 

 

睡眠時無呼吸症候群を甘くみてはいけないことがわかりましたか?
夜寝ている間に突然死してしまう危険もあり死に直結する病気なんです。

 

 

そのためにも早く自覚することが大事です。
是非ご家族に協力してもらって症状を見てもらってください。

 

 

対策法として病院やクリニックに行かれる方がいます。
早めに治療を始めることはいいことですが保険適応外の治療も中にはあるんです。

 

 

最近では寝具を変えることも有効だと話題になってきています。
さらに睡眠時無呼吸症候群専用の枕も販売されるようになってきました。

 

 

一番の対策としてはとてもいい対策だと思います。
自分の症状のレベルに合わせて対策法を選ぶことをオススメします。